無料
エロ
動画
デリヘル King Derihel
風俗 デリヘル/デリバリーヘルス King Derihel,出張ヘルス,激安,風俗情報です。
2011 . 12 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2012 . 02
アーカイブ
  • 2012年10月(4)
  • 2012年09月(5)
  • 2012年08月(6)
  • 2012年07月(4)
  • 2012年06月(5)
  • 2012年05月(8)
  • 2012年04月(8)
  • 2012年03月(11)
  • 2012年02月(16)
  • 2012年01月(7)
  • 2011年12月(13)
  • 2011年11月(19)
  • 2011年10月(27)
  • 2011年09月(28)
  • 2011年08月(27)
  • 2011年07月(27)
  • 2011年06月(27)
  • 2011年05月(30)
  • 2011年04月(31)
  • 2011年03月(28)
  • 2011年02月(28)
  • 2011年01月(32)
  • 2010年12月(32)
  • 2010年11月(28)
  • 2010年10月(31)
  • 2010年09月(28)
  • 2010年08月(31)
  • 2010年07月(31)
  • 2010年06月(29)
  • 2010年05月(28)
  • 2010年04月(26)
  • 2010年03月(20)
  • 2010年02月(21)
  • 2010年01月(6)
  • 2009年12月(11)
  • 2009年11月(9)
  • 2009年10月(1)
  • 2009年09月(10)
  • 2009年08月(4)
  • 2009年07月(4)
  • 2009年06月(11)
  • 2009年05月(11)
  • 2009年04月(8)
  • 2009年03月(1)
  • 2009年02月(1)
  • 2009年01月(1)
  • 2008年12月(1)
  • 2008年11月(13)
  • 2008年10月(6)
  • 2008年09月(5)
  • 2008年08月(3)
  • 2008年07月(1)

  • コメント
  • 岡田(10/19)
  • ぽこぺん星人(02/26)
  • 按摩さん(02/17)
  • ちゅーやん(02/17)
  • ちゅーやん(02/17)
  • 機関棒(02/10)
  • ヂョー(02/06)

  • カテゴリー
  • 未分類 (803)

  • リンク
  • 大阪 デリヘル King
  • 堺 デリヘル King
  • 兵庫 デリヘル King
  • 九州 デリヘル King
  • 東京 デリヘル King
  • 名古屋 デリヘル King
  • 北海道 デリヘル King
  • エロ web 検索 エンジン k-contens
  • 大阪 デリヘル くいだおれ
  • デリヘル ロイヤル 大阪
  • 巨乳

  • ナゼだ!?500円玉流通量増加の謎
    「500円玉」の流通量が急増している。日本銀行によると、昨年12月末の流通量は、前年同期比240億円増の2兆79億円と、初の2兆円を突破した。他の硬貨をみると、前年同期と比べて「10円玉」は19億円、「100円玉」は10億円、「5円玉」は10億円、それぞれ減少している。「500円玉」の増加は群を抜いている。一体なぜなのか。

    「牛丼店の値下げ競争が過熱しているように、最近は『ワンコイン』以下の飲食店が珍しくなくなった。『500円』を売り物にしている理髪店や洗車サービスなどもある。こうしたデフレ経済が500円玉の需要を増やしているのでしょう。10円玉や100円玉の流通量が減っているのは、携帯電話やカード型の電子マネーの広がりで、必要以上の小銭をサイフに入れたくない、との心理だと思います」(経済ジャーナリスト)

     そういえば、ゲーセンにある「UFOキャッチャー」も、1回200円が、3回だと500円だ。硬貨を何枚も入れる手間を嫌がる人間心理を突いたワケじゃないだろうが、いろいろと使い勝手がある硬貨である。



    バラエティーの″楽″な作りを象徴している、『Oh! どや顔サミット』
    今回ツッコませていただくのは、『Oh! どや顔サミット』(テレビ朝日系)。昨年4月から放送されている同番組、実は番組開始前の予告段階で、すでに「どうやって間を持たせるのだろう」と疑問だった。近年、バラエティー番組などで頻繁に使われる「どや顔(したり顔)」というフレーズ。おそらく企画段階で、タイトルに「いまどき」感を見込んでいたのだろうけれど......。

     数十秒間の予告の「○○です!→ボタンを押して、カメラ目線でドヤ顔」×数名分という時点ですでに、なんだかおなかいっぱい。グダグダな内容も、とりあえず「ジャンガジャンガ」でつないでなんとかしてた、かつてのアンガールズのショートコントの拡大版なんてことはまさかないよね?
     
     ここから楽しいことが始まりそうな気はさらさらしないなあと思っていたのだが、番組が始まってみたら、本当にその「まさか」が繰り返されていた。

     笑いに対して比較的フェアで厳しい印象があるダウンタウン浜田雅功が、「この『○○です!→ボタンを押して、カメラ目線でドヤ顔』いうの、いります?」と番組開始前などに指摘しなかったのだろうか。それを言ったら終わってしまうからだろうか。

     疑問ばかりが募っていたが、1月20日放送分の「美魔女コンテストグランプリ美へのこだわり」を見て、「なんだ、結局、『イチハチ』(TBS系)じゃないか」と合点がいった。大勢のセレブ(よく出るのはパチンコ成金の人とか?)たちに驚愕の私生活を明かしてもらい、ツッコむというお約束のスタイルは既視感たっぷり。違うのは、アシスタントが藤本美貴か片瀬那奈(+おっさん)かということぐらいで、いずれにしろたいした違いじゃない。驚愕セレブ以外はたぶんオネエ軍団が出たり、神経質すぎる人が出たりするんだろう。結局、いろいろ路線変更を繰り返しつつ到達する「いつものところ」の不思議。

     ひな壇スタイルが定着している現代のバラエティー番組のスタイルにおいては「優秀なツッコミがひとりいれば、あとは素人やボケが大量にいるだけで間が持つ」なんてことがよく言われるけれど、「司会者兼優秀なツッコミ」浜田雅功さえいれば、丸投げOKで企画を練る必要なんてない、ということなのだろうか。それとも、制作サイドが口出しできないくらい、浜田が驚愕セレブ私生活ネタ好きなのだろうか。

     いずれにしろ番組名に冠してしまった「どや顔」だけは、とりあえず出演者もスタッフも全員飽きていたとしても、外せないのだろう。あきらかに「蛇足のつなぎ」になっているように思えてならない。


    浜崎あゆみ 離婚の裏に前夫の原発事故に対する複雑な思いも
    ファンクラブ公式サイトでオーストリア人俳優のマニュエル・シュワルツ(=マニー・31)との離婚を発表した浜崎あゆみ(33)。離婚を発表した文書には、離婚原因はあゆにあることがはっきり書かれていた。

     結婚当初、ふたりで「アメリカで暮らす」と決めたものの、その直後に起きた東日本大震災を受け、あゆの中で「日本を離れたくない」という気持ちが強く芽生えた。結果、アメリカでマニーをひとりにしてしまう日々が続いたという。

     1年前の結婚直後、モルディブへの新婚旅行の後、しばらくロスでふたりで過ごした後、あゆが単身帰国。その直後、大震災を目の当たりにした。

     それ以降、「日本でいま自分にできることは何か」ということを見つけることが、そのまま彼女の未来絵図となっていった。音楽関係者は語る。

    「まずは4月に始まる予定だったツアーが5月に延期となったことで、チームあゆ一丸となってゼロから新しいステージを作ることに決めたんです。リミットは1か月でしたから、寝る時間はもちろん、まともにご飯を食べることもできなかったはずです」

     そんなある日、あゆは肩にかかるほどのストレートヘアーをばっさりカット。生まれて初めてベリーショートにした。

    「ありったけの心を音楽に乗せて伝えたい」

     シンプルだけど、込み上げてくる熱い思いに対する、彼女なりの気合だった。

     一方のマニーは、ロスでそんな彼女の動向をテレビやインターネットのニュース、ツイッターで知るのみという、結婚生活の実態がない“エア夫婦”になっていた。決してあゆはそんな形を望んではいなかった。でも、彼には日本に行く理由がなかった。生活の拠点はロスにあったし、日本に妻以外の特別親しい人がいるわけでもない。しかも、その妻は仕事で走り回っているのだから。

     さらに、オーストリア人である彼には原発に対する複雑な思いもあったという。

    「オーストリアは、チェルノブイリの原発事故で甚大な被害を被った過去から、現在法律で原発建設を禁じているほど。福島で原発事故が起きるや、オーストリア政府は自国民に対して、出国及び退避勧告を出しました。マニーの親族や友人たちが原発の恐怖を感じていたので、彼自身がそれを押し切ってまで日本に妻を訪ねて行く理由はなかったんでしょう」

    岡本夏生がセクシートークショーも、おっぱいに異変が!?
    タレントの岡本夏生(46)が13日、千葉・幕張メッセで開幕した「東京オートサロン2012」に登場。日本グッドイヤーの“伝説のディスコ”マハラジャとタイアップし80年代の熱気を再現したというステージでトークショーを行った。「今の時代は誰かに変えてもらおうと思ってもしょうがない、自分で変える」などと、芸能界復帰を果たした経験からメッセージを送り、「バブル岡本2012年バージョンのボディコン」スタイルの一番のポイントを「見せブラ」と紹介するも、「見せブラがないとパイオツが…。私もさすがに散っちゃいますから。もうお年で、だんだん、パイオツも干し柿のようになってきていますので、がんばって寄せて、あげてもらい、こういう状態でございます」と、前かがみになって胸の谷間を披露した。

     80年代にはレースクイーンをしており、毎週土曜日にマハラジャをはじめとするディスコに通っていたという岡本。当日の超セクシーステージ衣装については、80年代に流行したボディコンには「レース(=すかし模様の布)とのコラボ」や「お腹のえぐれた感じ」はなかったのではとご満悦のご様子。マハラジャでよく流れていた音楽がステージにかかると、「これよ、これ」と立ち上がり、扇子を揺らしながら踊り始めた。その後、80年代に買い集めて捨てずにとっておいたボディコン服が、テレビ番組にて「なぜか視聴者の皆さまにうけてしま」い、「まさかの再ブレイク」を果たした経緯を語った。岡本は、「人生に無駄なものは何もない」「私が生まれたことにも意味がある。こうやって皆さまに必要とされて、非常にうれしいです」と熱く語った。

     「東京オートサロン2012」は、チューニングやドレスアップを施したカスタムカーのファンのための祭典。15日まで。

    千原ジュニアがプライベート旅行先から帰国できず…
     お笑いコンビ「千原兄弟」の千原ジュニアが、水曜日にレギュラー出演する「笑っていいとも!」(フジテレビ)を欠席、兄の千原せいじがピンチヒッターとして出演した。

     プライベートでペルーに旅行していたジュニアは、濃霧のため搭乗予定の便が運航を取りやめになったことから、帰国することができず、代役としてスケジュールに空きがあった兄のせいじが出演することになった。






    プロフィール ddd
  • Author:ddd

  • DTIブログにようこそ!
  • RSS

  • 最新記事
  • 丸ノ内りあ(10/21)
  • 青井鈴音(10/05)
  • アラサーなのにベビーフェイス! 「合法ロリ」グラドル・くぼたみか!!(10/05)
  • 西田麻衣(10/03)
  • Eカップ月宮みゆう、水着撮影のウラ側見る?(09/20)

  • トラックバック
  • 宮崎県 - 確実☆即決せフレ案内所 :宮崎県 - 確実☆即決せフレ案内所(07/25)
  • 手こき - 大阪十三のメンズエステ求人募集 :手こき - 大阪十三のメンズエステ求人募集(07/22)
  • 岐阜県 - 確実☆即決せフレ案内所 :岐阜県 - 確実☆即決せフレ案内所(06/17)
  • 手こき - 大阪十三のメンズエステ求人募集 :手こき - 大阪十三のメンズエステ求人募集(06/02)
  • 未経験可 - 大阪十三のメンズエステ求人募集 :未経験可 - 大阪十三のメンズエステ求人募集(02/04)
  • close